「自立支援」を目的とし、地域での自立と安定をサポートします。

〒538-0042 大阪市鶴見区今津中4丁目3-12-102
   

-事業内容-
















 
 

● 社長の挨拶

介護革命の志を胸に

介護革命で地域の人々を幸せに“
この志を胸に、わたしたちひまわりグループは
歩みを続けています。

介護保険制度は2000年4月からスタートを
きりました。 遅れること4年後の2004年6月から訪問介護事業、障がい者総合支援法(旧支援費制度→障がい者自立支援法)に参入して10年が経過しました。
試行錯誤しながら進んでまいりました。

 
no image

しかし今後年金支給年齢が後にずれることにより、退職後から年金を受け取る間にも経済的な苦労が私たちに押し寄せてきます。
今後私どもは介護保険、障がい者総合支援法の2本柱を中心としながら、退職後のまだまだ社会で働いてみようと思われる方、知識をお持ちの方に我々は共に協力しあいながら、次のステップに進みたいという強い思いを持っております。

私たちは、障がいをお持ちの方、高齢と呼ばれる方と共に地域の社会貢献できると確信していいます。

また、今後は介護保険制度、障がい者総合支援法を中心にしながら、これらの保険制度にはいらない方々にも目をむけ、充実した人生を送れるお手伝いを地域密着で取り組みをしていく所存です。
枠にとらわれず、「顧客創造」を目指し、わたしたちの志をどこまでも
追及していきたいと思っています。
利用者さまが幸せになり、働くスタッフも幸せになり共に笑顔が溢れよりよい人生のサポートをご一緒に歩んでまいりたいと思い、わたしたちこれからも全力で事業に取り組んでまいります。 より一層のご支援、ご指導をお願い申し上げます。




 

● 経営理念

一、我々はスタッフである人材がすべてであると考える。
いい人材がいるかどうかが事業の今後を決め、成長も決める。
いい人材は必ず、高い志と将来のプランをもつところに人は集まる。
事業所自体も絶えず、先をみた展望とスキルアップが必要である。
--------------------------------------------------------------------------------------
一、われわれは顧客を第一に考えています。
われわれのいう 狭義の顧客とは、利用者さま本人であり、家族さまである。
広義の顧客とは、利用者の主治医であり、利用者さまの近所の方であり、関わるケアマネであり、福祉用具のスタッフであり、施設のスタッフでありひまわり会のヘルパーさんであり、そして働くスタッフである。
-------------------------------------------------------------------------------------
一、われわれにかかわる方にはいつもいい気分になっていただけるように目線を利用者さまに向け、者さまやその家族のニーズに応えるようにするだけでなく、潜在的なニーズも捉え、可能である限りかなえていく努力をする。
その考えが、顧客ロイヤルティを高めていくと考える。

顧客ロイヤルティとは、競合する立派なすばらしい評判の事業所や名前のある大手事業所が近くに来たとしても、利用者まさはまったく目移りしない状態で、かつ将来も「最後までみてほしい」と言われる気持ちにさせる状態である。
-------------------------------------------------------------------------------------
一、変わらないのは停滞ではなく、後退と捉え、常にアンテナを張り、そして情報を積極的にとりにいき、方針を柔軟に修正していく考えももつ。


copyrightc ひまわり家族 all rights reserved.