「自立支援」を目的とし、地域での自立と安定をサポートします。

〒538-0042 大阪市鶴見区今津中4丁目3-12-102
   

-コンセプト-
















 
 

● ひまわり会 経営方針心得え 20ヶ条

1 ひとりより先の笑顔で大きな声で挨拶を心がける。

2 笑顔は人を癒し、笑顔を感染させるパワーがある。
  (自分の笑顔を鏡で練習をしていい笑顔を作りだせ)

3 コミュニケーションはすごく大事である。
  しかしそれより大事なものはきちっとした仕事をすることであり、
  さらには相手の言葉に傾聴する姿勢・気持ちが大切である。

4 自分一人だけ評価されればいいと思う人がいる会社はすたれる。
  自分の部下のヘルパーを褒めてもらえる上司になれ。

5 部下のクレームは上司のクレーム。
  上司のクレームは代表のクレームとなりひまわり会全体の評価になると考えよ。

掃除
掃除は単なる決めごとのノルマと考えてはならい。
この掃除は成長するための一手段である。掃除をする時の気持ちは能動的な気持ちでおこなうこと。大成長している職場はほとんどが整理整頓されておりきれいな職場である。
事務所をピカピカに磨き上げることは単に職場をきれいにするだけが目的ではない、その意図はチームスタッフの連帯感を強くし、ルールを守れる意思統一したチームを作り、1箇所の徹底した掃除から気づきを見出しセンサーを増すことにより利用者の掃除はもちろんその利用者の要望のアンテナの感性をますことにより、利用者のさらなる満足感につながりひいては口コミにもつながり事業の超躍進につながると考える。各個人のセンサーはアップしなければならない。掃除のエクソサイズにより必ず鍛えらると考える。

6 アクションはすばやく、いいことはすぐに実行する。
  (すばらしいことも考えているだけでは、なにもしていないのと同じである。)

7 時間に厳しくなる。自己管理ができる人になる。

8 熱いハートに冷静な目をもつこと(感情的な気持ちになる時は他の人物になってみる)

9 先を読んで行動すること。それは相手の立場、自分の立場、事業所の立場、ヘルパーの立場、
  他事業所の立場、それぞれの立場になって考えて行動に移す。

10 クレームを言われた時は大きなチャンス。心でニヤリと微笑み大チャンスと思え。

11 10年越しの顧客にするにはクレーム時に大満足させることが確実に顧客となり得る。

12 利用者の真のニーズを聞き出すことが大満足のサービスを提供できると考える。
   ということは利用者に十分な傾聴が不可欠であ。

13 ヘルパーが情報をくれないのは聞かないからであり、自ら情報をとりにいくこと。

14 黙っている利用者がクレームがないと思うな。そんな利用者も大事にせよ。

15 モニタリングの感想がまあまあよくしてもらってる、わりあいきれいにしてもらっているは
   満足されていない言葉ととらえること。
   評価に大満足 満足 普通 やや不満 不満 とあれば 満足では 満足していないと考える。

16 あのヘルパーさんしかダメだと言わせるのは指導・管理が出来ていないことを意味する。

17 どのヘルパーが入っても満足してもらうのが原則である。
   満足できる状態で同行からの独り立ちをさせることがわれわれ管理者・責任者の仕事と心得る。
   満足できるとは自分の家に入ってもらっても満足するレベルである。

18 クレームの中で多い、あのヘルパーは指示しないと動かないは、こちらから仕事を作りだせ。
   と指導の心構えを植え付ける。

19 食事するときは仕事が途中でもひとまず置いてみる。
   効率よく仕事を進めるうえでめりはりをつけること。

20 ケアマネ、他のヘルパーさん一、福祉用具さん、介護タクシーさん包括さん、役所さん、
   キーパーソンさん、近所の方われわれと関わり合いのある人間をみんないい気持にさせること。



copyrightc ひまわり家族 all rights reserved.